書類の見本は、なぜ山田太郎なのか?

 

銀行や郵便局の書類。保険の申し込みなどでも、書類の名前を書く見本は「山田太郎」さん。

でも別に「山田」という名字は日本で1番多いわけでもありません。

これも見本の役割によってランキングトップではない「山田」さんが選ばれているとのこと。 見本の役割としては、ありきたりな名前。よくある普通の名前が好ましいですよね。

見本に「伊達直人」とか「きゃりーぱみゅぱみゅ」とか書かれていたら、ニックネームでも書くのか?と迷わせてしまうからです。 あくまでもさらっと、自分の名前を書かせるのが目的です。

だから「山田」なんだね。とはなりませんよね。 なぜなら日本で1番多い名字は「佐藤」さん。次は「鈴木」さん。 目的から考えれば「佐藤太郎」さんや「鈴木太郎」さんになるはずです。

この理由は、地域差にありました。 「佐藤」や「鈴木」は日本で1位2位という多さなのですが、西日本では上位10位圏外の地域もあるのです。

つまり、「佐藤」や「鈴木」が日本一だとしても、各都道府県によっては全然メジャーでは無くなってしまう。 メジャーでない地域の場合、「佐藤」や「鈴木」はマイナーで珍しい名字となってしまうため、ありきたりな見本にならないのです。

この観点から、日本全国の地域で安定して上位に入っている名前、それが「山田」なのです。 ほかにも「中村」、「池田」、「山口」なども全国的にメジャーな名字なのです。

ならば「山田」でもなく「山口」や「池田」にならなかった理由は?

それは、個々の漢字の利用量に関係してます。

名字に多く使われる漢字のトップ5は、「田」、「野」、「田」、「山」、「谷」です。

つまり、名字としても全国的に多く、かつ単独の漢字としても多く使われているのは「山田」のみなのです。 これらの理由から、よくありそうな普通の名前として「山田」です。

名前の「太郎」は、江戸時代から最初に生まれた男の子は「太郎」とつけるのが習慣でしたので、自然な選択でしょう。

ちなみに人気野球まんがドカベンの主人公の名前も「山田太郎」 これについては作者の水島新司さんは「平凡なイメージが欲しかった」と答えていることからも、人の感覚としてもよくありそうな、見本に最適な名前だったのでしょう。

 

 

参考:週刊ポスト 20140117

 

 




 

 

グリナ 副作用

 

ページトップへ