古刀最上作『備前国長船兼光』播磨姫路藩主酒井忠学佩刀「号双龍」表裏倶利伽羅龍彫 本阿弥光常折紙 兵庫県昭和二十六年大名登録

古刀最上作『備前国長船兼光』播磨姫路藩主酒井忠学佩刀「号双龍」表裏倶利伽羅龍彫 本阿弥光常折紙 兵庫県昭和二十六年大名登録
商品名 古刀最上作『備前国長船兼光』播磨姫路藩主酒井忠学佩刀「号双龍」表裏倶利伽羅龍彫 本阿弥光常折紙 兵庫県昭和二十六年大名登録
現在価格 701,000円
即決価格
入札数 284
残り時間 -48456分
対応 Yahoo!かんたん決済
古刀最上作『備前国長船兼光』姫路藩主酒井忠学佩刀「号双龍」倶利伽羅龍彫 本阿弥光常折紙 昭和二十六年大名登録

兼光は景光に続く長船鍛冶の嫡流で鎌倉時代末期から南北朝時代に亘って大いに活躍しました。
この刀は鎬造、庵棟、身幅尋常、重ね頃合い、磨上ながらも反り高く、腰反りつき、中切先になっています。
鎌倉時代の太刀姿の面影を色濃く残す上品な姿をしています。小板目肌に杢目交じり、地沸が細かについて
映りが立っています。刃文は互の目に丁子が交じり、小足や葉が入り、匂深く、小沸がつき、明るく冴えて、
変化に富んだ出来を見せています。龍の彫物があり、これが「双龍」という号の由来になっていると思われます。
伝来については後述致しますが、とても優れた出来を示しており、同工傑作の一振りであると思います。

本阿弥光常は十二代目当主。その鑑定は厳正で高い評価を得ています。

兵庫県の昭和二十六年大名登録です。無銘ですが伝兼光と登録証にも記載されています。
現在と違い当時は伝来がしっかりとしている場合は、伝○○と表記していたと聞いております。
姫路藩主酒井忠学佩刀と伝わっております。詳細は掲載資料でご確認下さい。
有銘古刀大鑑と重要刀剣図譜は参考資料です。

種別/刀
長さ/二尺一寸九分 反り/七分五厘
銘文/無銘 伝兼光
元幅/29.6mm 元重/5.5mm
先幅/20mm 先重/4.8mm
計測数値の誤差はご容赦下さい。

発送はヤマト運輸、140サイズを予定しております。

いかなる理由でも入札の取消は致しませんので、慎重な入札をお願い致します。
委託品で売切を基本としておりますので最低落札価格は設定しておりません。商品は現状でのお渡しとなります。

ご不明な点がありましたら必ず事前にご質問下さい。質問の回答にお時間を頂くとは思いますが、
当方の分かる範囲でお答えさせて頂きます。

落札後はクレームなし、返品なしでお願い致します。骨董品ですのであまり神経質な方は入札をご遠慮下さい。
入札、落札された場合は商品画像、商品説明、質問の回答にご納得頂き、取引条件にご同意頂いたものとさせて頂きます。
評価新規の方は質問にて入札意思をお伝え下さい。質問へ回答が出来なくなりますので個人情報等の記入は不要です。
「悪い評価の多い方」、「入札意思の確認が取れていない新規の方」の入札は削除致します。

落札より48時間以内にご連絡が取れ、3~4日間程度で商品代金を入金できる方のみご参加下さい。
入金確認後発送となりますが、かんたん決済は着金まで数日掛かりますので御了承下さい。

商品を受け取りましたら銃砲刀剣類所持等取締法に基づき、その刀剣類が登録されている都道府県教育員会へ
「所有者変更届を20日以内に郵送」して下さい。

xvpbvx

 

 

 

 

 

 

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN



 

 

グリナ 副作用

 

ページトップへ