■昭和中期 沖縄県那覇市開南通りにあった三線屋で購入 八重山黒木大与那城三線 大変貴重な作品です■

■昭和中期 沖縄県那覇市開南通りにあった三線屋で購入 八重山黒木大与那城三線 大変貴重な作品です■
商品名 ■昭和中期 沖縄県那覇市開南通りにあった三線屋で購入 八重山黒木大与那城三線 大変貴重な作品です■
現在価格 260,000円
即決価格
入札数 115
残り時間 -789分
対応 即決価格Yahoo!かんたん決済
■昭和中期 沖縄県那覇市開南通りの三線屋で購入の八重山黒木三線大与那城型本皮張り 希少作品です

三線を深く愛する方ならどなたでも一度は持って頂きたい、触っていただきたいと思う一本がこちら。
昭和期に製作された大与那城型三線、実の締まった八重山黒木です。

昭和中期に当時の開南通りにあった仲本三線屋で買い求められたこの三線は、
現在まで見事に捻りや歪みなく正常に保たれているのも素晴らしいのはもちろん、
棹の握り心地が実にしっくりときて癖になる。
こんな握り感が欲しかった と思える程良い太さが、この三線の良いところ。
それが演奏の安定感に繋がるんです。

天の中央部にまるで知念大工のような山があるのも綺麗です。
年数を経て黒光りした材なども、芯を見て十分に楽しむことができる。

胴巻きは、私たち泰屋三線手製の「戦前バサー(芭蕉布)織着物リメイクティーガー」を装着させていただきました。
戦前バサー着物に京金糸をひと針ひと針縫い付けて仕上げています。

この三線の次の所有者が、末永く愛用して頂けるようにと願いを込めて、
また沖縄文化のバサーを身に纏う事で、装飾~演奏共に素晴らしい成果が出るように想いを込めて仕上げました。

是非お手にとって頂き、昭和期の大与那城の枯れたサウンドを愛用頂きたいと思います。

最後まで宜しくお願い致します。

※より詳しく詳細は私どもの 泰屋三線 で検索下さい。







(2018年 6月 13日 0時 50分 追加)
泰屋三線 http://yasyasanshin.ti-da.net/
Webサービス by Yahoo! JAPAN



 

 

グリナ 副作用

 

ページトップへ